SOFTBALL HACK

ソフトボールにまつわる情報を発信

人が集まらないときにオススメ【メンバーの集め方】

f:id:midllepapa:20210420192322p:plain

スポーツチームを運営されている方の多くがメンバー集めに苦慮されています。

 

そんな私も試合でのメンバー集めに苦労が絶えないひとり・・・。

 

 

メジャースポーツの野球でさえ、競技人口が減っている昨今。

マイナースポーツのソフトボールでは、なおさら人が集まりませんよね?

 

 

今回はメンバーを増やす方法について、メリットとデメリットを交えてご紹介しましょう!

 

 

 

インターネットを使って募集する

まずはインターネットを使って募集してみましょう。

下記の3サイトがオススメです!

 

 

ジモティー』はテレビCMを放映しているだけあって、訴求力が高いです。

『LaBOLA』はソフトボール専用のページがあるのでニーズにマッチしやすいです。

Softball Times』はソフトボールの総合メディアと謳っており、上級者が集まりやすいです。 

 

メリット
  • 多くの人の目に留まる
  • 多様な人材が集まる
デメリット
  • 敷居が低く、希望に添った人材が応募するとは限らない
  • ドタキャンなどされやすい

 

 

 

 

ホームページを作る

いくつもの企業がリリースしており、テンプレートがあるので意外にも作成は簡単です。

活動報告や成績管理が主ですが、募集ページを作ることもできます。

募集するだけでなく、選手のモチベーションを上げる効果も期待できます。

メリット
  • チームの雰囲気を伝えやすい
  • 選手の士気が上がる
デメリット
  • 初期設定や更新が面倒
  • 一部の機能は有料

 

 

 

 

ビラ配り

アナログと侮るなかれ!

地域住民を求めるチームには最大の効果が得られるでしょう。

 

メリット
  • 地域住民なので加入後も継続してもらいやすい
デメリット
  • ポストへ投函するなど肉体的な作業が増える
  • 個人情報を開示する必要がある
  • 加入に関わらず付き合いが出来てしまう

 

 

 

 

今回はメンバーの集め方をご紹介しましたが試せるものはございましたか?

 

メンバー集めに苦慮されている方も多いことでしょうが、待っていてもなかなか新たな人材はやってきません。

 

ソフトボールが廃れていかないように、まずは積極的に行動してみましょう!!