SOFTBALL HACK

ソフトボールにまつわる情報を発信

ランナーに打球が当たった⁉ ~ルールのお勉強~

ソフトボールの試合中、「こういう場合どうなるの?」というプレーがよく起こります。

 

今回は先日のオープン戦での出来事を交えながら、ルールの再確認をしていきましょう。

 

f:id:midllepapa:20210209163418p:plain

ランナーに打球が当たるとアウト

 

ソフトボールや野球の試合中にランナーに打球が当たってしまうことってありますよね?

ほとんどの場合は当たってしまったランナーがアウトなのですが・・・。

 

先日、川口市で行ったオープン戦でも相手チームのランナーに打球が当たってしまいました。

 

基本のルール

打球がランナーに当たり、アウトになるルールは下記の通りです。

野手(投手を含む)に触れていないフェアボールが、フェア地域で走者に触れた場合。

 

公認 野球規則6.01a(11)

 

例外ルール

基本のルールには続きがあり、下記の場合は例外となります。

ただし、走者がフェアボールに触れても、

(A)いったん内野手(投手を含む)に触れた場合

(B)1人の内野手(投手を除く)に触れないでその股間または側方を通過したフェアボールに、そのすぐ後方で触れても、この打球に対して、他のいずれの内野手も守備する機会がない場合

には、審判員は走者が打球に触れたという理由でアウトを宣告してはならない。

 

公認 野球規則6.01a(11)

 

 

場面は一死1,3塁。

ルールを理解した上で、今回のケースについてご説明しましょう。

 

一死1,3塁でバッターは右の強打者。打球を引っ張るタイプのバッターでした。

バックホーム送球に備えて内野は前掛かりの守備位置を取っています。 

 

引っ張るだろうと予想していた内野陣でしたが、一塁方向への強烈な流し打ち。

一塁手は打球に反応するものの、打球は惜しくもグラブの脇を通過。

通過した打球は走者の足にクリティカルヒット

 

跳ね返った打球を一塁手が捕球しました。

 

ここでプレーが止まります。

 

当時の判定は?

相手チームが審判を担っており、この時の判定は打者・走者ともにアウト。

 

当時私は三塁を守っており、ある程度ルールを理解していたのでどちらもアウトではないと思い、進言しました。

練習試合だということもあり、とりあえずは走者だけアウトになり、打者走者は出塁と変更になりました。

  

本来の処置

通常の場合であれば

  • 当たってしまった走者はアウト
  • 打者は安打扱いで出塁
  • 三塁走者は元の位置に留まる

 

しかし、今回は内野手を通過しており、他の内野手(この場合は二塁手)も取れないと判断される打球でした。

例外ルールの(B)に該当しますよね。

 

その場合はボールインプレイとなり、成り行きでプレーを進めなければなりません。

 

今回もボールデッドにはならず、跳ね返った打球を処理した一塁手は二塁に転送するか走者にタッチすれば走者はアウト。打者走者が一塁に到達するまえに触塁すればダブルプレーが取れました。

 

反対に攻撃側の打者・走者ともにプレーを止めず、進塁する必要がありました。

 

 まとめ

ソフトボールは野球よりもフィールドが小さく、走者に打球が当たる確率も高くなります。

 

攻撃・守備側ともに決めつけて判断するのではなく

  • 走者は審判がプレイを止めるまでは次の塁を狙う
  • 打者は出塁を狙う
  • 守備側は打球を処理してアウトを狙う

 

 

プレイが止まったら、当たってしまった走者を心配することも忘れずに!!