SOFTBALL HACK

ソフトボールにまつわる情報を発信

野球とはちょっと違う?ストライクゾーンのお話

ストライクゾーンと言うと感覚的には理解している方も多いでしょうが、定義はご存知でしょうか?



今回はソフトボールのストライクゾーンをご紹介します。


ストライクゾーンとは


「打者が自然に構えたときの「みぞおち」(上限)「膝の皿の底部」(下限)の間の本塁上の上方空間をいう。」(2018年ルール改正)


ストライクゾーンの高低

ボールの最上部がストライクゾーン上限に接するか、それより下を通過すればストライクである。

ボールの最下部がストライクゾーン低限に接するか、それより上を通過すればストライクである。



ちなみに野球は・・・肩の上部とユニフォームの ズボンの上部との中間点に引いた水平のラインを上限とし、膝頭の下部のラインを下限 とする。

野球は接するだけでよいので、ソフトボールの方が少しだけストライクゾーンが狭く設定されています。


f:id:midllepapa:20201023092014p:plain
(黒子が気になる・・・。)



ストライクゾーンの内外


ホームプレートを上から見た状態でホームプレートにボールが接すればストライクである。

内外については野球と相違ありませんね!

f:id:midllepapa:20201023104322p:plain




上記図のように、ホームプレート上に想定される5角柱空間のどこかをボールが通過すればストライクになります。

ルールの改正に伴って全体的にストライクゾーンが広くなり、ピッチャーが有利になりました。




以上のように、定義としてのストライクゾーンをご紹介しました。


しかし、ソフトボールも野球も打たなければ始まりませんよね?


定義から外れていても、主審が打てると判断したボールはストライクになります。

そのことを理解してプレーしましょう!