SOFTBALL HACK

ソフトボールにまつわる情報を発信

打順を考える

監督業のやりがいと言えば、スタメンを決めることです。


なかでも打順を決めることは、試合の勝敗に大きく左右するので頭を悩ませます。
しかし、得点が入れば喜びもひとしお!


さて、打順の決め方ですが・・・


〈打率を考慮して決める〉


〈右打者と左打者をバランスよく並べる〉


など監督によって様々です。



筆者である新米監督は


〈打順の役割〉で決めています!




それでは、打順により求められる役割を考えてみましょう!!

f:id:midllepapa:20201019095232j:plain
打順表

1番の仕事は「塁に出る」

塁に出ると言っても、たくさんの方法がありますよね。
ヒットも打てて、四球ももらえる選球眼の良い選手が起用されることが多いです。
1番目に回ってくるということは「1番多く打席に立てる」ということです。
最も好打者だと思う選手を使ってみましょう!


2番の仕事は「チャンス拡大」

1番に出塁を求めるということは2番はその選手を次の塁に進めることが重要となります。
犠牲バントや進塁打などを求められるケースが多いでしょう。
器用な選手が起用されることが多いです。
しかし、近年は「2番最強論」というような風潮もあり、初回に打点を挙げられる「打てる」選手を置くことも多いです。



3番の仕事は「ランナーを還す」

上位打者が作ったチャンスで回ってくることが多いので、
ランナーを還すことを求められます。
チャンスでも打てる、勝負強い打者が適任です。



4番の仕事は「相手にダメージを与える」

3番と同じくチャンスで回る場面が多いです。
相手チームも4番を警戒しているなかで、打つということはとても大きなダメージを与えることができます。
「チームの主軸」などと呼ばれ、別格視される打順です。



5番の仕事はチームの「掃除人」

上位打線が作ったチャンスを4番が仕留めきれないときや、4番が塁上に残る場面などで効果を発揮します。
4番同様厳しくマークされることもありますので、精神力の強い強打者が適任でしょう。



6番の仕事は上位と下位の「架け橋」

6番と言えば、少し存在感が薄いと感じる方も多いのでは?
しかし、中軸の後を任される6番打者は存外、チャンスで回る場面が多い!
そんなときにランナーを還せる打力はもちろん、チャンスを作ることも求められます。
打つこともできて、小技なんかもできるオールマイティな選手が重宝されます。



7番の仕事は「意外性」

7番と言えば、呼び名すらない打順カーストの最下層。
ということは相手の警戒も薄くなっています。
思い切りのいいバッターを積極的に使ってみましょう!



8番の仕事は「特大ホームラン」

8番の別称で特に有名な「ライパチ」。
これはライトで8番という意味です。
昔のライトは守備の下手な選手が置かれるポジションというイメージが強く、さらには打撃にも期待できない下位打者に与えられるポジションでした。
しかし、8番だからこそ狙い球をよく絞り、思い切りのいいスイングをすることでホームランを狙っていきましょう!
言わば、8番は「遊軍」なのです。自由に打たせましょう!



9番の仕事は「裏1番」

一番最後と侮るなかれ。9番は特に重要な打順です。
9番が塁に出た状態で上位打線につなげることができれば、大量得点も期待できます。
逆に投手などが9番に立つ場合は、二死ならば三振して、次の回に1番から始まるようにするなど状況判断に優れた選手でなければなりません。




以上のように、筆者の考える役割に一般論を交えつつ考察してみました。
とはいえ、正解がないのも事実です。

自身が最もベストだと思う打順を組みつつ、相手戦力や選手の調子の良し悪しを考慮して柔軟に考えることが大事ですね!