SOFTBALL HACK

ソフトボールにまつわる情報を発信

バレないように伝達しよう!サインのあれこれ

プロ野球のテレビ中継を見ていると三塁コーチが体をペタペタ触っていますよね?



あの動作は打者に【サイン】を送っているんです!!



競技レベルが上がれば上がるほど、簡単には打てない好投手が出てくるものです。



自由に打って得点を重ねられることが理想ですが、サインを用いれば戦術の幅がぐっと広がります。



今回は攻撃の戦術と戦術を伝達するためのサインを学んでいきましょう!


f:id:midllepapa:20200926143527j:plain


いろいろな戦術

野球と同様にソフトボールにもいろいろな戦術が存在します。



代表的な戦術は下記の通りです。



  • 盗塁(スチール)

塁上のランナーが投球時に次の塁を狙って走ること。

ソフトボールではキャッチャーの返球時に走る「ディレードスチール」も多く見られる。



打者が走者を進塁させるために行うバント。



内野手の隙を突き、内野安打を狙うバント。



  • バスター

バントの構えからヒッティングに切り替える打法。



  • ヒットエンドラン

走者が盗塁することによって生まれるスペースを狙ってヒッティングすること。



  • バスターエンドラン

バスターとヒットエンドランを組み合わせた戦術。



ランナーが三塁上にいる場合に行うバント。



  • 待て

打者に打たないように指示すること。



  • 打て

ヒッティングを指示すること。




動作で伝える『フラッシュサイン』


前述の作戦を伝えるサインのなかで動作を用いたサインのことです。




例えば、

【帽子を被りなおす】と【盗塁】

【ベルトを直す】と【バント】




といったように動作にサインを紐付けすることを指します。




メリットは簡単で覚えやすいことですが、反対に相手にバレやすく、複雑化しにくいことです。




相手を欺く『ブロックサイン』

『フラッシュサイン』が【動作】で伝達するならば、

『ブロックサイン』は【暗号】で伝達することです。




体の各部位に戦術を割り振ります。



例えば、

【帽子】=【盗塁】

【ベルト】=【バント】




次に割り振ったサインを有効化するための【キー】を作ります。

【 口 】=【キー】




最後にルールを決めればサインの完成です。




では、次の場合のサインはどうなるでしょう?




ルール:
【キー】の次に触った部位が有効


【ベルト】→【 口 】→【帽子】





正解は《盗塁》となります。




このようにサインを複雑化することで様々な戦術を伝達することができます。




部位を増やしたり、触る動作を変えたり、数字を割り振ったりすることで更に複雑化できます。




しかし、サインを複雑化することで覚えられない選手や誤ったサインで実行してしまうこともあるので選手のキャパシティに合わせたサインを作ることが重要です。




投げて、打って、守るだけを観ていた野球やソフトボールもサインを理解することで違った見え方に変わるかもしれませんね!




ちなみに守備時にはキャッチャーもサインを伝達していますが、またの機会に。


f:id:midllepapa:20200926143513p:plain