SOFTBALL HACK

ソフトボールにまつわる情報を発信

ソフトボール特有の攻撃が恐ろしい!

ソフトボールと野球のバッティングはほとんどが同じ原理です。

ゴムのソフトボール硬式野球と近い打感なので、経験者なら違和感なく始められるでしょう。


しかし、ソフトボールにはただ「打つ」だけの打撃だけでなく、競技の特性を生かした恐ろしい攻撃手法が存在します。

その中でも特徴的な3つをご紹介しましょう。
f:id:midllepapa:20200926130950j:plain

走りながら打つ!?『スラップ打法』

f:id:midllepapa:20200926131508j:plain

野球での好打者と言えば3割を超えることがひとつの基準ですよね。

夢の4割バッターもそろそろ出てきそうな予感がしますね。


しかし、ソフトボールでは4割を優に超え、6割を超えることもざらです。


そんな打率の高いバッター達に共通する点は「左打ち」で「足が速い」ということです。

そんな選手が好んで使う打法が『スラップ打法』です。

簡単に言えば、「走り打ち」です。

走り出しながら叩きつけるようにしてゴロを打ち、内野安打を狙います。


プロ野球でも千葉ロッテマリーンズのサントス選手が用いたことで話題になりました。

打球が高く跳ねた場合はほとんどがセーフになってしまうので、内野を守る選手には脅威です。

相手を嘲笑う、『セーフティバント

f:id:midllepapa:20200926130621j:plain
上記で紹介したスラップ打法と連動して使われることが多い『セーフティバント』。

ソフトボールはボールも大きく、バント時にボールを操作しやすいので絶妙なバントも生まれやすい環境にあります。

守備者もバントを想定したうえでシフトを敷いていますが、

ピッチャー・キャッチャー・ファースト・サードが寄ってきた中間にされてしまえば成す術はありません。


変幻自在!?『スラッシュ打法』


スラップやセーフティバントで存分に相手を弄んだところですが、その二つを更に昇華させるための切り札があります。

それが『スラッシュ』と呼ばれる打法です。※アバンスラッシュではありません。

スラッシュは簡単に言えばヒッティングに切り替えるということですが、相手のシフトによって狙いどころを変幻自在に操るところに恐さがあります。

スラップで長打はないと思わせておいて、前掛かりになった外野守備シフトを確認するや否や、スラッシュ一閃。

一気に長打を狙える状態になります。

反対に長打を警戒されて、外野が後退りしたところをインパクトを弱めてポテンヒットを狙うことも可能です。

前に詰めるべきか後ろを警戒するべきか守備者にとっては非常に厄介な打法なのです。



以上、3点の攻撃手法がソフトボール特有の攻撃手法となります。

このような打法を駆使する選手が自軍にいる分には心強いですが、敵に回れば大変です。

打率を上げたいと思われる方は相手に嫌われることを覚悟して練習してみてくださいね!