SOFTBALL HACK

ソフトボールにまつわる情報を発信

野球に飽きたら、ソフトボールをはじめよう!

「野球経験者というだけで町会のソフトボールに誘われたから始めてみようかな?」
とお考えのお父様方にオススメ!


ソフトボールの監督が教える!

ソフトボールを始めるときの4つのポイントをご紹介!

①ボールの大きさに慣れよう!


ソフトボールの特徴と言えばボールの大きさ。



まずはキャッチボールなどで大きさに慣れていきましょう。



握り方は手の大きい方は野球と同様に握りましょう。



小さい方や握力に自信のない方は4本(親指で支え、人差し指・中指・薬指)で握ることで安定して投げることができます。



ボールが大きいと投げる際にすっぽ抜けやすくなります。



大きく振りかぶらず手首を使ったスナップスローを用いることで低弾道の強いボールを投げることができます。





ウインドミル投法に慣れよう!

f:id:midllepapa:20200926124826j:plain




ソフトボールのピッチャーは下手投げでしか投げられません。



ほとんどのピッチャーはボールを早く投げるために腕を一回転させるウインドミル投法を用います。




慣れるまでの対処法としては、

・足をあげずに「すり足」で打つ

・バットを寝かせて構える

・バッターボックスの後方に立つ

など、工夫すれば野球経験者なら十分に対応できるでしょう。





③距離感に慣れよう!


野球とは違い、フィールドの大きさが3分の2ほどと小さいです。



ピッチャーとの距離も近ければ、守備位置もバッターに近いです。



特に三塁手バントや走りながら打つスラップ打法に対処するため、三塁ベースよりも前で守らなければなりません。



恐怖感を覚えるほど近いですが、慣れてしまえば反射神経でなんとかなります。



まずは怪我をしないように注意しながら、慣れるまでノックなどでボールをたくさん捕ってみましょう。





④ルールを覚えよう


ほとんどのルールは野球と同じです。


大きく違うルールは二つ。




一つ目は【ダブルベース
f:id:midllepapa:20200926114016p:plain


ソフトボールでは一塁上での接触を防ぐために一塁ベースが白色と橙色の二色にわかれています。



守備者は白色部分を打者走者は橙色部分を踏むことで安全にプレーすることができます。


出塁してからは白色部分を踏まなければなりません。




二つ目は【離塁禁止】


ソフトボールでは塁に出た際にリードすることを禁止しています。

なぜならフィールドが小さく投球動作の性質上、簡単に盗塁できてしまうからです。



走者が塁を離れられるのはボールがピッチャーの手を離れてから。


ルールを破るとアウトとなります。



野球に比べて競技人口も少なく、プロスポーツ化もされていません。


しかし、野球経験を最も活かせるスポーツなので、野球以外に新たなことに打ち込みたい方には打ってつけだと思いますよ♪